【業務の効率を大幅アップ】会社でチャットシステムを使ってみよう

進捗状況が確認しやすい

オフィス

eラーニングシステムはインターネットを使って学習する形の総称です。eラーニングシステムはいつでもどこでも学べる、進捗状況を確認できる、状況に応じて教材を変えられるなどのメリットがあります。実技を教えるには不向きなのでその点は注意が必要です。

詳しく見る

マニュアルを簡単に作る

PC操作

マニュアルを作ると様々なメリットがあるが紙面や自力で作るとなると、わかりにくい部分も出てくることがあります。マニュアル作成ソフトを導入すれば、そのような問題点をソフトだからできるメリットで解決することができます。

詳しく見る

リアルタイムでWeb接客

パソコン

Webページを通じて顧客とコミュニケーションを行う新しい手法として、チャットシステムが注目を集めています。リアルタイムでのWeb接客を実現するチャットシステムは、コールセンター等の窓口業務を効率化させるツールです。チャットシステムはページ離脱の防止にも効果的で、コンバージョン率の改善に役立ちます。

詳しく見る

オンデマンド学習の決定版

社内

eラーニングシステムは学校に通って勉強する事が出来ない人のための最強の独学ツールです。eラーニングシステムはパソコン、スマートフォン、タブレットから受講出来て、中断しても再開できたり問題が出題されたりするので、学校で講義を聞くのと遜色ない環境で勉強が出来ます。

詳しく見る

誰が作っても同じ品質

パソコン操作

マニュアル作成と聞いて使用するツールは、一般的なオフィスツールが真っ先に思い浮かびます。マニュアル作成ソフトを使うとオフィスツールで作成するよりも時間の削減が図れ、マニュアルの管理も容易になります。

詳しく見る

チャットをビジネスで使う

チャット

製品選択の基準

ビジネスにおいても、チャットシステムを利用する動きが広まっていますが、ここではその選択の基準についていくつかあげていきます。まず最初にその利用方法によって、製品も変わってくるのですが、その利用方法は社内で利用するか、社外とのコミュニケーションに使うかということです。特に最近では、顧客との窓口でチャットシステムをコミュニケーションの手段として利用することも、広まってきています。その場合にはある程度はAIなどを利用して、自動応答させながら、場合によってはオペレータとチャットできる仕組みが良いです。もちろんコールセンターシステムと連携させることで、より密度の高い顧客とのやり取りが実現できますから、結果的に顧客満足度をあげることができます。社内でのコミュニケーションに使う場合には、それ単独ではなく社内のいろんな仕組みと連携できるものを、選択すると良いです。スケジュール管理やメールシステムとチャットシステムを連携させることで、相乗効果を生むことが可能です。特に社内向けチャットシステムでは、会議を開いたりすることができ、その議事内容を確認するにも、連携は必須機能と言えます。またチャットという仕組みになれない従業員もいるので、教育体制などのサポートがしっかりしていることも、その選択基準の一つになります。:このようにチャットシステムをビジネスで利用するためには、社内か顧客とやり取りするのかを、決めてから製品選択すると良いです。

Copyright© 2018 【業務の効率を大幅アップ】会社でチャットシステムを使ってみよう All Rights Reserved.