【業務の効率を大幅アップ】会社でチャットシステムを使ってみよう

リアルタイムでWeb接客

パソコン

離脱を防止し成約率改善へ

大半の企業では自社製品やサービスを紹介する目的でWebサイトを公開していますが、Webページを通じた顧客対応のあり方には課題もありました。見込み顧客が企業のホームページを見て詳しい情報を知りたいと思っても、メールでの連絡や問い合わせフォームへの入力の煩わしさから途中でページを離脱してしまう例も少なくありません。しかし、チャットシステムを使用することで、連絡が簡単に行うことができ業務の効率化を図ることができます。また、チャットのスタイルを利用したコミュニケーションは若い世代を中心にSNSでも広く親しまれており、電話やメールと比較しても心理的抵抗が少ないと感じる人は多いものです。企業の側でも消費者のそうした志向を受け、顧客サポートの一手段として自社サイトにチャットシステムを導入する例が増えています。従来は電話での対応が中心だったコールセンター業務でも、チャットシステムを利用したサポートという対応チャネルを増やせば業務効率化につながります。チャットシステムを通じてちょっとした疑問でも気楽に問い合わせられるWebサイトは、全般にページの離脱率も低いものです。商品やサービスに関する疑問点がチャットシステムによって随時解消されれば、購入やサービス申し込みといったコンバージョンにもつながりやすくなります。サポート担当者と訪問客の間で画像やURLといった情報を共有することも可能なチャットシステムを使えば、商品やサービスへの理解も深まるものです。メールや問い合わせフォームを介した従来のコミュニケーションではタイムラグの発生も避けられませんでしたが、チャットシステムならリアルタイムの意思疎通が実現されます。会員登録済みの顧客に対してCRMと連携しながら行うサポート業務や行動履歴を反映させたチャット対応なども、チャットシステムの効果的な活用法です。

Copyright© 2018 【業務の効率を大幅アップ】会社でチャットシステムを使ってみよう All Rights Reserved.